効率的に流通ビジネスを実現できる!運送会社のM&Aを効率よく行う方法と注意点などを紹介します

このサイトでは効率的な流通ビジネスを実現するためのノウハウを紹介していきますし、運送会社のM&Aを効率よくおこなう方法と注意点なども解説していきます。
効果的におこなえない理由についても説明をしていきますから、その点を理解しておくことで実際に挑戦するときの対策ができる筈です。
実際にやった後の事業成功率も説明をしていきますから、どの程度の成功率になっているのかを把握した状態でチャレンジすることができます。

効率的に流通ビジネスを実現できる!運送会社のM&Aを効率よく行う方法と注意点などを紹介します

運送会社がM&Aをするには基本的に会社同士で話し合いをしないといけませんが、当事者だけで話し合いをするよりは仲介会社に入ってもらったほうが安心できます。
運送会社でM&Aをするときの注意点としては、スムーズに吸収合併や買収をするためにそもそも希望する会社がどこにあるのかを見つけないといけないです。
そのため最初から専門業者にサポートをお願いすることで、注意点をカバーしながら運送会社でM&Aを実現することができます。

運送会社のM&Aが業界の方向性を変える理由

運送会社はそれそれ独自の市場経営を考えていますが、最近それでも運送会社の経営が厳しくなっています。
独自のやり方や新しい仕組みを導入しても、なかなかライバル会社との競争は避けることができません。
加えて、賃金をある程度高くしなければ人が定着しないため、会社の経営自体も危ぶまれるところです。
あまりにも経営的に難しくなった場合には、吸収合併や買収等を考えるのが良いかもしれません。
いわゆるM&Aと呼ばれるものがこれに該当します。
M&Aをする場合にしておきたい事は、運送会社それぞれにメリットがある可能性があるのです。
ある程度方向性が一緒の場合には、それぞれの良さをうまくかけをし、シナジー効果を生み出すことも十分可能になります。
そのため、まず相手の会社がどのようなところなのかはぜひ確認をしておきたいところです。
そして確認をした後、本当に吸収合併や買収をしても問題ないかを見定めることが大事になるわけです。
それができれば、それぞれ良い方向性に向かっていくでしょう。

運送会社のM&Aが増えてきた背景

運送会社のM&Aが増えてきた背景としては、配送量の増大に伴う効率化の波が押し寄せている点が挙げられます。
現在ECサイトをはじめとした流通が非常に活発で、運送会社では非常に多くの荷物が毎日配送されているのが実情です。
一方でドライバーなどの荷物を運ぶ人員は慢性的な人手不足に陥っていて、なり手不足も懸念されています。
他方この業界は特別なスキルを必要としないことから、価格競争に巻き込まれやすく荷物が増えたのに賃金が上がらないという悪循環にさいなまれているのです。
このため業界同士の統廃合を行うことに因る管理コストの削減や、重複するエリアの解消などを目的とするメリットの多い経営統合や買収といったものが活発に行われ始めています。
もし仮に同じエリアに配送スタッフが1名ずついる2社が統合すれば、同じエリアは1名でも配送できるかもしれません。
空いた1名を別のエリアで働いてもらえればその分人手不足が解消していくといった具合です。

運送会社のM&Aにおける対象会社の選び方

運送会社のM&Aにおける対象会社の選び方としては、1つに大きな負債を抱えていないということが挙げられます。
運送会社ではトラックなどの他不動産といった資産があります。
加えて、銀行からの借金などといった負債もあるためそれらも含めて受け入れるのが買収だった李経営統合だからです。
このためM&Aの際には必ず財務状態を確認する調査が入り、企業の健全性について算定が行われます。
算定によって株価などもおおよそが決まりますが、大きな負債を持っている場合は受け入れる側がその負債も抱え込まなければなりません。
もし負債が大きすぎると経営上厳しくなりますので選ぶ際にはこれらの視点が重要になります。
さらに重要な点としては、買収する会社の成長性やエリアの重複に因る経費削減効果などのシナジーがあるかどうかです。
シナジーとは相互作用という意味であり、購入する退会上の価値がその会社に持たさられるかという視点を持つことが非常に重要なポイントになります。

運送会社のM&Aを行うための手段

運送会社のM&Aを行うにあたって、まずはM&A仲介会社に相談・依頼することがその手段として挙げられます。
事業売却や譲渡を経験したことがある方は少なく、経験者であっても容易ではありません。
専門的な知識が必要となる経営手段である上に、事業譲渡に至っては非常に手間がかかります。
運送会社の中でも特に一般貨物自動車運送業許可などの手続きは、かなりの時間を要するためスケジューリングにも気を配る必要があります。
サポートが得られる仲介会社を決めたら、次は事業譲渡先となる企業を選定する作業です。
この時に頼りになるのが、その会社が持つネットワークです。
業界に幅広い人脈やパイプを持っているところを選定することが、肝となります。
候補先が絞れたらトップ同士の面談および交渉、意向表明書の提示と事態が進んでいきます。
話がまとまったら基本合意書の締結を行い、税理士・会計士など専門家の力を借りて行うデューデリジェンスの実施です。
法務や財務・税務など、さまざまな見地よりリスクを予見・洗い出しを行います。
問題がなく双方の合意が得られれば、各種引き継ぎを行いクロージングです。

運送会社のM&Aと3PLとの関連性

運送会社のM&Aと他業種のM&Aの違い

近年活発に行われている運送会社M&Aには、ECサイトやインターネット通販の普及に伴う需要の増加、運送会社の後継者問題や人手不足問題、新規参入を目指す企業の存在などが挙げられます。
ECサイトの利用が当たり前になった昨今では、運ばれる荷物の量も増加傾向にあります。
運送業界は他業種とは異なりこれからも安定した成長を見込める業種で、M&Aに適していると言えるでしょう。
売り手となる運送会社側は他業種と比較すると中小企業が多く、後継者を見つけることができずに事業の継続が難しいという例もありがちです。
また、人手不足によってドライバーが確保できない、資本な小さくて見合う賃金を用意できないといった悩みもあるでしょう。
一方で新規参入を目指す企業の数は増え続けており、運送会社の買い手となることで既存のシステムなどを入手することが可能です。
他の業種よりもあらゆる面で応用がきき、別の事業と合わせて活用できるのも運送系の会社の魅力です。

休眠運送会社をM&Aで買収する場合のポイント

運送会社の中には人手不足などで、休眠状態になっている会社も少なくないです。
そのような休眠している運送会社をM&Aを通じて買収するようなことを検討している場合は、その会社の状態などをチェックしておかないといけません。
株式譲渡か吸収合併で対応していくことになりますから、各自で希望する内容にあわせて調整をしていくのが大切になります。
経営権を移譲することによって、オーナー経営者になったり子会社化したりすることが可能です。
一から運送会社を創立するよりもスムーズに、運送業の仕事を担うことができますから、安心して経営を進めていくようなことができます。
M&Aをするには少なくとも経営をするために必要となる知識を持っておかないといけませんし、法律のルールなども把握しておかないと失敗してしまう可能性が高いです。
サポートを受けることができる会社もありますから、そのような会社を利用して相談をしておくのが大切になります。

現役運送会社をM&Aで買収する場合の注意

多種多様な運送会社が多いこともあり現役運送会社をM&Aで買収するケースが増えています。
しかし現役運送会社をM&Aで買収する場合にはいくつかの注意点があります。
1つ目は目的を明確にすることです。
なんのために買収するのか、それによってお互いにどのようなメリットが生まれるのかをしっかりと明らかにしておくことが必要となります。
2つ目は信頼できるアドバイザーを選定することです。
アドバイザーによっては条件に合致しない案件をもってきたり、高額な仲介料を請求してくるなど問題が発覚して訴訟にまで発展してしまうこともあるため信頼のおけるアドバイザーを選ぶようにしましょう。
3つ目は買収を行うことで先方の従業員が離職してしまい事業が立ち入ってしまうケースです。
これによりたとえ買収がうまくいったとしても円滑な事業運営を行うことができなくなってしまいます。
これを避けるためにも従業員の処遇についてしっかりと明記しておく必要があります。

運送会社のM&Aで行ってはいけないタブーとは

様々な課題を抱える物流業界は、再編期に入ったと指摘されています。
経営体力に余裕のある大手への事業継承やM&Aを望む中小運送会社が増加しており、すでにいくつもの買収統合事例を見つけられます。
事業継承やM&Aをスムーズにしたい運送会社は各種手続きを経なければなりません。
その中でも絶対に行ってはいけないタブーが、不正会計です。
買い手側によるDD(デュー・デリジェンス)の過程で運送会社の財務状況やコンプライアンス違反の有無を調査されますが、粉飾決算を始めとする不正会計は、信頼を失墜したり機会損失につながるため、絶対に行ってはいけません。
もし隠し通せても買収後に不正が発覚すれば信頼の低下につながるほか、減損損失などの負担も生じてしまいます。
この他にも更新・変更手続きの期日管理や未許可営業、労働基準法違反やハラスメント、データ持ち出しや個人・顧客情報漏洩、SNSでの不適切な発言などのコンプライアンス違反も運送会社が行ってはいけないタブーです。

規制が強くなってくるので運送会社のM&Aがたくさん見られるのです

日本の運送網は非常に長けており、世界でもまれにみる的確さと迅速性を兼ね備えているのです。諸外国と比較してもにあつかいも丁寧で、オンタイムに宅配を届けてくれる運送会社もあるほどです。
世界でもこのシステムをまねたり、実際に導入してほしいとオファーを受ける事も少なくありません。運送会社の適格性やサービスは、企業努力によって賄われているのです。人件費を出来るだけ安く抑え、しかも過重労働で働いてくれているので、翌日荷物が届くなどのサービスを受けられているのです。ところがこうしたドライバーのオーバーワークが社会門ぢ亜に成りました。居眠り運転を起こしたり、人身事故を起こす可能性も高く、ドライバーを守る観点でも政府は今後ますます規制を強化することを決定したのです。そこで小さな運送会社はこれ以上コストを削減できず、存続が難しくなっているので身売りつまりはM&Aを決意することが多くなってきているのです。これはドライバーの生活を守るための苦肉の策です。

自ら運送会社のM&Aを申し出て人件費削減

燃料費の高騰や物価高の影響から運送会社の業界も再編が求められている中、M&Aが行われるケースが増えています。経営が厳しくなる中で大きな負担となるのが燃料費も然ることながら人件費がありますが、中小零細の場合は人手不足から簡単に削減する訳にも行きません。そこで運送会社の経営者自らが投資ファンドなどにM&Aを申し出て、事業を黒字へと転換させた事例があります。
投資ファンドが買収した場合、経営権が譲渡されることで雇用元も会社からファンドへ移譲され、運送会社の手を離れて人件費削減が実現します。また、燃料の調達もファンドに任せれば、大量発注によるコストダウンも望めます。契約時に経営陣を残すことを条件にすれば、それまでの体制をそのままに人件費削減をすることが可能で、V字回復で一気に黒字化に転換させたケースが多いのも特徴です。業界再編の荒波の中で何らかの手を打つことが求められていますが、運送会社にはいくつもの好事例が存在しています。

運送会社のM&Aが多発するようになっているのです

日本の運送網は世界でもまれにみる充実ぶりと言えるでしょう。運送業者の企業努力もあって、一次指定すれば翌日には必ず商品が届くようにもなって居ます。このようなサービスがネット通販を盛況にさせているとも言えるでしょう。だがこのようなサービスは、運送会社に無理を強いているのは言うまでもありません。
出来るだけ人件費を抑えるために過重労働をドライバーに敷いています。またコスト削減で過酷な仕事のドライバーを低賃金で雇っているのも事実なんです。これだけネット販売が普及しているにも関わらず、運送会社があまり設けていないのは、このようなし烈な価格競争や厳しい労働条件が背景にある為なのです。そこで運送会社は生き残りをかけて、身売りする事つまりM&Aが多発しています。今まで従事してくれたドライバーや従業員の生活を守るために、大手の傘下に吸収してもらうことがこれらの人々の生活を守ることになるのです。今後ますますM&Aが進むことが予測されます。

運送会社がM&Aで別会社を大手傘下に収める

近年物流需要の急速な増加に伴い、運送会社のM&Aが活発化しています。そんな中運送会社が別会社を大手傘下に収めるというニュースが報じられました。このM&Aにより大手運送会社はより一層競争力を高め、より広範なネットワークを形成することができると期待されます。また収益面でもシナジー効果が期待されます。
特に運送会社同士が統合する場合、人員整理などの再編成が必要です。統合に伴う業務の引き継ぎや情報システムの統合なども大きな課題となります。今回の出来事で気になるのが、傘下に収められた別会社の今後の展開です。既に展開している地域や業種の相性、人材の継承などが重要な要素となります。そのため統合後の運営体制や方針などが今後報じられることが予想されます。今後物流需要の拡大や環境問題など、さまざまな要因により運送業界は大きな変化を迎えることが予想されるでしょう。今回の出来事が、業界全体の変革を促すきっかけになることも期待されます。

運送会社がM&Aで事業を拡大する場合に役立つ信頼できる会社

トラック数台程度の運送会社にとっての大きな課題は、事業規模を拡大して収益性を高めることです。そして事業の拡大では、車両を増やしたりドライバーを新規に採用するのが一般的です。しかしM&Aで他社を買収すると、効率よくビジネスを広げて強靭な企業体質を実現できます。
信頼できる支援会社で相談することが、M&Aを行う場合のスタートラインです。特に運送会社を買収する場合には、財務内容を丁寧にチェックすることが大切です。資産と負債などの詳細を調べると、購入に最適な会社を見つけることができます。ところが財務諸表などのデータの分析は難しく、買収に適しているかどうかを見極めるのは難しいです。けれども実績が豊富な支援会社であれば、個別の企業経営者のニーズに合ったアドバイスをしてくれます。更に継続してサポートを受けると、将来的に良い案件を紹介してもらえます。各地の運送会社を買収してネットワークを広げると、企業の大きな成長が実現できます。

運送会社に関する情報サイト
運送会社のM&A

このサイトでは効率的な流通ビジネスを実現するためのノウハウを紹介していきますし、運送会社のM&Aを効率よくおこなう方法と注意点なども解説していきます。効果的におこなえない理由についても説明をしていきますから、その点を理解しておくことで実際に挑戦するときの対策ができる筈です。実際にやった後の事業成功率も説明をしていきますから、どの程度の成功率になっているのかを把握した状態でチャレンジすることができます。

Search